企業と弁護士と労働組合が提供する退職代行サービスの違いとは

企業と弁護士と労働組合が提供する退職代行サービスの違いとは

退職代行のサービスの目的は「本人に代わり退職の申し出を会社に代行する」とシンプルではありますが、実は退職代行サービスを提供する事業者は大きく分けて以下の3つに分類をすることが出来ます。

  • 1:企業(会社)が提供する退職代行サービス
  • 2:弁護士事務所が提供する退職代行サービス
  • 3:労働組合が提供する退職代行サービス

「企業(会社)」「弁護士」「労働組合」が提供するサービスにおいて費用感や退職プロセス、そして退職代行に伴う権限において、「退職代行サービス」と一言でいってもそれぞれ大きな違いがあり似て非なるものとなります。

その為、これから退職代行サービスの申し込みを検討される方は、この「企業(会社)」「弁護士」「労働組合」の違いをしっかりと把握した上で、自分にあった退職代行サービスを選ぶと良いでしょう。

退職代行サービスにおける「企業(会社)」「弁護士」「労働組合」の違い

まずそれぞれが提供する退職代行サービスの過程において、どの様な違いがあるのかを一覧の比較表にして紹介したいと思います。

企業(会社) 弁護士事務所 労働組合
会社への退職連絡
退職届の作成
退職手続サポート
退職条件希望告知
会社間の交渉
損害賠償対応
依頼費用の相場

では、上記の比較表に基づいて細かく「企業(会社)」「弁護士」「労働組合」がそれぞれ、どのような違いがあるかを詳しく解説していきたいと思います。

会社への退職連絡の違い

「企業(会社)」「弁護士」「労働組合」ともに、退職者の代理として会社に「退職」の意向を伝えることが出来ますので、この点においては違いはありません。

退職届の作成の違い

退職届などの公的書類の代理は弁護士資格を有した「弁護士」のみが許されています。その為、「企業(会社)」「労働組合」による退職代行サービスを利用した場合には、自分で退職届けを作成し会社に郵送する必要があります。

ただ、「企業(会社)」「労働組合」による退職代行サービスの場合の多くは退職届けのテンプレートを用意しているケースが多く、手順に沿って記入すれば書類が完成しますので、手間が掛かるものではありません。

退職手続サポートの違い

退職者にどんな手続きが必要で、年金や雇用保険など退職に伴う手続きのサポートは「企業(会社)」「弁護士」「労働組合」ともに受けることが可能です。ただ、退職届けと同様に、本人に代わって作業をするのは「弁護士」のみが許されていますので、「企業(会社)」「労働組合」による退職代行サービスの場合の多くは、あくまでサポートやアドバイスに留まり、会社に書類を郵送したり、または会社から送られてくる退職手続きの書類対応は自分で行う必要があります。

退職条件希望告知の違い

退職者に代わり「企業(会社)」「弁護士」「労働組合」ともに「退職日」「有給休暇の消化」「退職金」などの退職条件を会社に希望として伝えることが可能です。もちろん、会社への強制力はないので場合によっては会社側に希望を「拒否」される場合もあります。

会社間の交渉の違い

上記の会社への退職条件希望告知を伝えた際に、仮にそのまま受け入れられず、「拒否」もしくは「調整」が必要になった場合は会社間と交渉が必要になります。

その場合には、「退職代行は違法?弁護士法の非弁行為に抵触するケースとは」でも紹介していますが、「企業(会社)」の退職代行サービスを利用している場合には弁護士法の非弁行為に抵触する為、交渉を行うことが出来ません。

弁護士資格を保有する「弁護士」であれば弁護士法に基づいて合法的に会社と交渉をすることが出来ますし、「労働組合」の退職代行サービスの場合にも日本国憲法第28条及び労働組合法によって保障されているので、会社との交渉において非弁行為になることはありません。

損害賠償対応の違い

非常にレアなケースではありますが過去には、

・出社命令を過去何度も無視して出社していない。
・既に取引先との訴訟案件などの当事者になっている。
・業務の上で損失が出るような大きなプロジェクトを抱えている。
・クライアントの納期間近のタスクを抱えている。

この様なケースにおいて退職に伴い会社に損害が発生して損害賠償を請求された場合には、法廷で争う必要が出てくる為、「弁護士」でしか対応をすることが出来ません。

仮に「企業(会社)」「労働組合」による退職代行サービスを利用していた際に、損害賠償請求をされた場合には、「企業(会社)」「労働組合」で裁判の対応は出来ない為、改めて弁護士にその対応を新たに依頼する必要があります。

依頼費用の相場の違い

一般的には「企業(会社)」「労働組合」において正社員やアルバイトの退職代行で2万~5万円が相場です。「弁護士」に依頼する場合には手付金として2万~5万円を支払い、あとは成功報酬で合意した条件に合わせて手数料を支払う形態(例:退職金が支払われたらその10%等)も多く、一般的には「企業(会社)」「労働組合」の退職代行サービスと比べて費用が割高になる傾向があります。

まとめ

基本的に今までの勤務状況や仕事内容で会社と大きなトラブルが無い場合には、費用感を考えると「企業(会社)」「労働組合」による退職代行サービスで問題なく退職できるケースがほとんどです。

また、アルバイトや契約社員など業務上の責任があまり問われず、会社とのトラブルに発展する可能性が低い雇用形態であれば、無理に退職代行費用が高くなる可能性がある弁護士事務所に依頼をすることはないでしょう。

そして、「労働組合」の退職代行サービスであれば、仮に会社と交渉が必要になった場合にも、合法的に対応をしてくれるので更に安心です。

代表的な「労働組合」の退職代行サービスは下記の様な物があります。

退職代行ガーディアン
男の退職代行
女性の退職代行 わたしNEXT

なお、納期が近い仕事や売上の大きい仕事を抱えていたり、過去に会社間とトラブルがあった等、退職代行サービス利用に伴い新たな問題が発生する可能性が高い場合には、穏便に退職を進める為にも、多少費用が掛かっても弁護士資格を持つ弁護士事務所に退職代行を依頼する方が精神的に負担が少ないと考えられます。

おすすめ退職代行サービス

退職代行ガーディアン

東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合「東京労働経済組合」による信頼性が非常に高い退職代行サービスです。退職に伴う手続きはもちろんの事、万が一、会社と退職を巡りトラブルが発生した際には、一般の退職代理サービスとは異なり、憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行することが出来る頼もしい退職代行サービスです。また、退職に伴う追加費用は一切なく、分かりやすい簡潔な料金プランも魅力。

男の退職代行

男性専門の労働組合が代行する退職成功率100%の退職代行サービス。アルバイトの場合は1回19,800円と業界でも屈指の安さ。労働組合憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行するので、有給全消化&お給料満額支給サポートやトラブルを回避しての円満退社などをサポート。また、退職後の転職もそのまま提携会社からのフルサポートを受けられ、転職が決まるとお祝い金として最大5万円が支給されるのは「男の退職代行」の強み。

退職代行EXIT(イグジット)

累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施して、退職成功率も100%の業界最大手の退職代行サービス。メディア掲載実績も「NHK」「テレビ朝日」「TBS」「フジテレビ」「日経新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」と知名度も圧倒的No.1。まだまだ退職代行という未成熟で世間一般には疑心暗鬼が残る中、最も信頼が置ける退職代行サービスといっても過言ではないでしょう。

この記事を書いた人

このページの記事の著作者情報です。

Hana・Yamashita
Hana・Yamashita
ライター
この記事を執筆したYamashita Hanaです。1年前に実際に退職代行サービスを利用して都内のWEB会社を辞めた退職代行経験者です。その後は就職せずにフリーのライターとして活動中。実際に自分が退職代行を利用した経験を活かして退職代行ガイドのグッドリタイアで記事を執筆中です。退職代行を検討中の皆様の少しでもお役に立てる記事になるよう心を込めて執筆致します。