退職代行で辞めた時の会社の備品の対処方法とは

退職代行で辞めた時の会社の備品の対処方法とは
退職代行サービスの魅力といえば、やはり会社に直接連絡をせず、また上司の顔も見る事無く、会社を退職できることですが、実際辞めてしまった場合に会社の備品はどのように対処すればよいのでしょうか。

退職代行ガイドのグッドリタイアでは、「私物が会社に置いてる場合」及び「会社の備品が自宅にある場合」のケースにおいて対処方法を紹介していきたいと思います。

そもそも会社の備品でどんな物

会社のお金で購入し、社員に業務上必要と判断されて支給されている物です。具体的には「名刺」「印鑑」「文房具」「PC」「制服」「携帯」「電卓」などを指し、会社に所有権があり、会社の資産となる物です。基本的に一般的な退職、または退職代行に限らず会社を辞める場合には全て返却の義務があります。

会社の備品が自宅にある場合の対処方法

会社の備品や「消耗品」というと様々な種類がありますが、まず前提として、備品を会社に無断で持ち帰っている場合には窃盗罪や業務上横領罪に該当する可能性がありますので、仮に会社の許可を得て自宅に置いてあった場合のケースをお話しします。

その場合には、仮に退職代行サービスを利用して退職に至った場合には、全ての備品は会社の資産となる為、退職に当たり会社に返却をする義務が発生します。

では、どう返却するかというと、自分で会社にもって行く必要はないので、郵送で会社に返却する対応方法で問題はありません。退職代行業者に会社の備品を保有している旨を伝え、会社の郵送する宛先(窓口)をしっかりと確認をしてもらいましょう。

もし、仮にその中に無断で持ち帰っていた会社の備品があれば、無用なトラブルを避けるためにも、一筆謝罪の文面を同梱しておくことをお勧めします。

私物が会社に置いてる場合

個人経営や中小ベンチャーに勤めていた場合、備品の管理が行き届いていない為、しかたがなく会社に私物を持ち込んで仕事をする場合もあります。その場合は、会社から自宅に返却をしてもらう必要があります。

こうした場合には、かならず退職代行業者に会社においてある私物リスト(置いてある場所も)をしっかりと共有して、退職に伴い会社から自宅に郵送してもらうように段取りを組んでもらう必要があります。

もし、退職後に転居して会社に新しい住所を知られたくないという事情がある場合には、「依頼した退職代行業者の会社宛に一旦私物を返却してもらい、それを自分で回収する」「トランクルームなど貸倉庫で一時保管」などの手立てもありますので、退職代行業者としっかり相談をして流れを決めておきましょう。

おすすめ退職代行サービス

退職代行ガーディアン

東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合「東京労働経済組合」による信頼性が非常に高い退職代行サービスです。退職に伴う手続きはもちろんの事、万が一、会社と退職を巡りトラブルが発生した際には、一般の退職代理サービスとは異なり、憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行することが出来る頼もしい退職代行サービスです。また、退職に伴う追加費用は一切なく、分かりやすい簡潔な料金プランも魅力。

男の退職代行

男性専門の労働組合が代行する退職成功率100%の退職代行サービス。アルバイトの場合は1回19,800円と業界でも屈指の安さ。労働組合憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行するので、有給全消化&お給料満額支給サポートやトラブルを回避しての円満退社などをサポート。また、退職後の転職もそのまま提携会社からのフルサポートを受けられ、転職が決まるとお祝い金として最大5万円が支給されるのは「男の退職代行」の強み。

退職代行EXIT(イグジット)

累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施して、退職成功率も100%の業界最大手の退職代行サービス。メディア掲載実績も「NHK」「テレビ朝日」「TBS」「フジテレビ」「日経新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」と知名度も圧倒的No.1。まだまだ退職代行という未成熟で世間一般には疑心暗鬼が残る中、最も信頼が置ける退職代行サービスといっても過言ではないでしょう。

この記事を書いた人

このページの記事の著作者情報です。

Hana・Yamashita
Hana・Yamashita
ライター
この記事を執筆したYamashita Hanaです。1年前に実際に退職代行サービスを利用して都内のWEB会社を辞めた退職代行経験者です。その後は就職せずにフリーのライターとして活動中。実際に自分が退職代行を利用した経験を活かして退職代行ガイドのグッドリタイアで記事を執筆中です。退職代行を検討中の皆様の少しでもお役に立てる記事になるよう心を込めて執筆致します。