退職代行で辞めた時の会社の備品の対処方法とは

退職代行で辞めた時の会社の備品の対処方法とは
まず、そもそも退職代行とは退職希望者に代わり退職代行業者が退職の意向を会社に伝えるサービスです。詳細は下記ページでもご確認いただけます。

そして退職代行サービスの魅力といえば、やはり会社に直接連絡をせず、また上司の顔も見る事無く、会社を退職できることですが、実際辞めてしまった場合に会社の備品はどのように対処すればよいのでしょうか。

退職代行ガイドのグッドリタイアでは、退職代行を利用した際に「私物が会社に置いてる場合」及び「会社の備品が自宅にある場合」において具体的にどのような対処方法を紹介していきたいと思います。

まず会社の備品でどの様な物が該当するか

簡単に説明すると、会社のお金で購入し、社員に業務上必要と判断されて支給されている物です。具体的には「名刺」「印鑑」「文房具」「PC」「制服」「携帯」「電卓」などを指し、会社に所有権があるもので、かつ会社の資産です。その為、基本的に一般的な退職、または退職代行に限らず会社を辞める場合には、これらは全て会社に返却の義務が発生します。

では、次項から具体的に退職代行を利用した場合、どの様なフローになるかを解説していきます。

会社の備品が自宅にある場合の対処方法

上記の通り会社の「備品」や「消耗品」というと様々な種類がありますが、まず前提として、備品を会社に無断で持ち帰っている場合には窃盗罪や業務上横領罪に該当する可能性がありますので、注意が必要です。今回は当たり前ですが、会社の許可を得て自宅に置いてあった場合のケースをお話しします。

全ての備品は会社の資産となる為、退職に当たり会社に返却をする義務が発生しますので、どう返却するかというと、まず自分で会社にもって行く必要はありません。

一般的には郵送や郵送で会社宛に備品を郵送して返却する対応方法が一般的です。そうすることで会社の方と直接会う必要もなくなります。その為、退職代行業者に会社の備品を保有している旨を伝え、会社の郵送する宛先(窓口)をしっかりと確認をしてもらいましょう。

もし、仮にその中に無断で持ち帰っていた会社の備品があれば、無用なトラブルを避けるためにも、退職代行業者にその旨を伝え、会社側にも一筆謝罪の文面を同梱しておくことをお勧めします。

会社の備品を返却しないというのは、備品の大小に限らず業務上横領罪などに該当する可能性が高いので、必ず返却するようにしましょう。

私物が会社に置いてる場合

家に会社の備品が置いてあるのとは逆に、しかたがなく会社に私物を持ち込んで仕事をする場合もあります。個人経営や中小ベンチャーに勤めていた場合は、備品の管理が行き届いていないケースなどもあって、こちらも実は良くあるケースです。

こうした場合には、かならず退職代行業者に会社においてある私物リスト(置いてある場所も)をしっかりと共有して、退職に伴い会社から自宅に郵送してもらうように段取りを組んでもらう必要があります。

もし、退職後に転居して会社に新しい住所を知られたくないという事情がある場合には、「依頼した退職代行業者の会社宛に一旦私物を返却してもらい、それを自分で回収する」「トランクルームなど貸倉庫で一時保管」などの手立てもありますので、退職代行業者としっかり相談をして流れを決めておきましょう。

まとめ

退職代行を利用した際に「私物が会社に置いてる場合」及び「会社の備品が自宅にある場合」何れにおいても、必ず対処するようにしましょう。もう会社の人に会いたくない、連絡したくない、という気持ちから退職代行を利用される方がほとんどだと思いますが、後々に会社側とトラブルになってしまうと元も子もありません。必ず退職代行業者に相談して円滑な退職を心がけましょう。

おすすめ退職代行サービス

退職代行ガーディアン

東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合「東京労働経済組合」による信頼性が非常に高い退職代行サービスです。退職に伴う手続きはもちろんの事、万が一、会社と退職を巡りトラブルが発生した際には、一般の退職代理サービスとは異なり、憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行することが出来る頼もしい退職代行サービスです。また、退職に伴う追加費用は一切なく、分かりやすい簡潔な料金プランも魅力。

退職代行SARABA

退職代行SARABAは「特ダネ」「梅沢富雄のズバット言います」「報道ステーション」「日経新聞」など有名テレビ番組や新聞など数多くの取材実績がある信頼性の高い労働組合が運営する退職代行サービスです。即日退職OKで、行政書士が監修した退職届け、成功率98%の有給消化サポートなど、退職代行SARABA独自の強みがあるサービスです。(※2021年3月17日より退職代行依頼費用が一律27,000円が一律25,000円に2,000円値下がりして更に退職代行の相談がしやすくなりました)

弁護士法人みやびの退職代行

弁護士法人によるフルサポートの退職代行サービス。企業(会社)が運営している一般的な退職代行サービスと一言で何が違うかというと「退職代行希望者の代わりに退職条件や残業代、退職金など退職に伴うハードな交渉を全て取り仕切って企業と折衝可能。」という点です。「会社とトラブルになるのが想定される」「退職金が支払われない」「他の企業の退職代行で断られた」といった場合は、弁護士法人みやびに一度に相談してみましょう。

退職代行EXIT(イグジット)

累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施して、退職成功率も100%の業界最大手の退職代行サービス。メディア掲載実績も「NHK」「テレビ朝日」「TBS」「フジテレビ」「日経新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」と知名度も圧倒的No.1。まだまだ退職代行という未成熟で世間一般には疑心暗鬼が残る中、最も信頼が置ける退職代行サービスといっても過言ではないでしょう。

この記事を書いた人

このページの記事の著作者情報です。

Hana・Yamashita
Hana・Yamashita
ライター
この記事を執筆したYamashita Hanaです。1年前に実際に退職代行サービスを利用して都内のWEB会社を辞めた退職代行経験者です。その後は就職せずにフリーのライターとして活動中。実際に自分が退職代行を利用した経験を活かして退職代行ガイドのグッドリタイアで記事を執筆中です。退職代行を検討中の皆様の少しでもお役に立てる記事になるよう心を込めて執筆致します。