退職代行は引き継ぎなしで退職可能?違法性やリスクとは

退職代行は引き継ぎなしで退職可能?そのリスクとは

退職代行とは退職者に代わり退職の意向を会社に伝えるサービスです。詳細は下記ページでもご確認いただけます。

その退職代行サービスを利用して、いざ退職日が決定したとしても気になるのが「業務の引継ぎ」をする必要があるか否かです。また、引継ぎを仮にするとしても、大きな企業であれば後任がスムーズにアサインされるケースが多いのですが、少人数の中小企業であれば引継ぎの後任者さえいない状況が考えられます。

その様な状況下において退職代行サービスで退職をした場合に、業務の引き継ぎは不要なのか?また仮に不要な場合にリスクはないのかといった点を解説していきたいと思います。

引き継ぎなしでの退職の違法性とは

まず、結論からお伝えすると退職に伴う業務の引継ぎは「法的な義務」は一切ないので、仮に退職代行で引き継ぎなしで退職しても違法性は一切ありません。

労働者には退職の自由(憲法22条1項)があり、また下記の通り二週間前の退職の申し出があれば良いと民法で定められており、その中に「業務の引継ぎ」に関しては一切記載や条件が一切ないというのがその理由です。

改正第627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条 – Wikibooks

その為、仮に退職代行を使って退職日が決定した際に、上司や会社から引継ぎを強制させるようなメールや電話があったとしても法律上は一切対応をする必要はありません。

引き継ぎをしないと会社から損害賠償されるか

基本的に引継ぎをせずに退職をした場合にも違法性は無いので、会社から損害賠償をされるというケースはほとんどありませんが、僅かなケースではありますが、下記の様な場合に会社と損害賠償に発展する可能性があります。

就業規則や業務命令で事前に退職時の引き継ぎが明示されている場合

退職の意思を示す事前に、就業規則や業務命令で退職時の引き継ぎが明示されており、またそれに同意していた場合には引き継ぎを行わないことで会社側が裁判に訴えてくる可能性がありえます。

大型案件の主要メンバーで退職に伴い会社に損害が発生する場合

引継ぎを行わずに退職した事で、案件納期が間に合わずクライアントに訴えられて会社に損害が出るケースなど、実際に会社に大きな損失が発生した場合に会社側が裁判に訴えてくる可能性がありえます。

何れにしても会社も損害賠償での裁判を起こすとなると、弁護士費用や訴訟準備に伴う人件費も発生しますので、積極的に個人に対して訴訟を起こすというケースは稀です。

退職に伴う引き継ぎの協議を持ちかけられる場合

退職代行業者を通じて「引継ぎをしないと」意思表示をした場合に、場合によっては「しっかり引継ぎだけはしてほしい」「この業務だけは引継ぎしてくれ」など会社から協議を持ちかけられる場合があります。

その場合には会社間との交渉が必要になりますが、ここでポイントとなるのが、弁護士法の非弁行為です。会社間協議に発展した場合に、一般企業が退職者の代理として協議をすることは違法となるので、弁護士か労働組合による退職代行サービスを利用していれば問題ありません。

より詳しい退職代行における非弁行為に関しての詳細はこちらをご覧ください。

なお、労働組合による退職代行サービスはこちらを参考にしてください。
退職代行ガーディアン
男の退職代行
わたしNEXT

勿論、引継ぎの協議自体を拒否することは、法秩上問題ありませんし、一般企業の退職代行でも可能ですが、先ほど説明した通り僅かながら損害賠償の可能性は残ってしまいます。

退職代行による退職の引き継ぎはどうするべきか

退職の引き継ぎをしない場合にも違法性はありませんので、職場環境や人間環境でどうしてもしたくない場合には拒否することは問題ありません。また、その際にも弁護士や労働組合による退職代行を利用していれば協議にも対応できます。

ただ、あくまでも円満に退職をしたいという希望があれば、最低限の引継ぎはやっておくべきでしょう。なお、引継ぎ業務も必ず会社に出社して行う必要もなく、自宅で業務の引き継ぎ書を作成して会社に送付するという方法もありますので、退職代行業者と引き継ぎに関しては綿密に相談して、トラブルに発展しないよう対応しましょう。

おすすめ退職代行サービス

退職代行ガーディアン

東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合「東京労働経済組合」による信頼性が非常に高い退職代行サービスです。退職に伴う手続きはもちろんの事、万が一、会社と退職を巡りトラブルが発生した際には、一般の退職代理サービスとは異なり、憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行することが出来る頼もしい退職代行サービスです。また、退職に伴う追加費用は一切なく、分かりやすい簡潔な料金プランも魅力。

男の退職代行

男性専門の労働組合が代行する退職成功率100%の退職代行サービス。アルバイトの場合は1回19,800円と業界でも屈指の安さ。労働組合憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行するので、有給全消化&お給料満額支給サポートやトラブルを回避しての円満退社などをサポート。また、退職後の転職もそのまま提携会社からのフルサポートを受けられ、転職が決まるとお祝い金として最大5万円が支給されるのは「男の退職代行」の強み。

退職代行EXIT(イグジット)

累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施して、退職成功率も100%の業界最大手の退職代行サービス。メディア掲載実績も「NHK」「テレビ朝日」「TBS」「フジテレビ」「日経新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」と知名度も圧倒的No.1。まだまだ退職代行という未成熟で世間一般には疑心暗鬼が残る中、最も信頼が置ける退職代行サービスといっても過言ではないでしょう。

この記事を書いた人

このページの記事の著作者情報です。

Hana・Yamashita
Hana・Yamashita
ライター
この記事を執筆したYamashita Hanaです。1年前に実際に退職代行サービスを利用して都内のWEB会社を辞めた退職代行経験者です。その後は就職せずにフリーのライターとして活動中。実際に自分が退職代行を利用した経験を活かして退職代行ガイドのグッドリタイアで記事を執筆中です。退職代行を検討中の皆様の少しでもお役に立てる記事になるよう心を込めて執筆致します。