退職代行サービスでよくある失敗やトラブルとその回避方法

退職代行サービスでよくある失敗やトラブルとその回避方法
様々な理由や環境で「退職」の意向を上司や会社に直接伝える事が出来ない時に、依頼主の代わりに上司や会社に「退職」の意向を伝えてくれる退職代行サービスは、煩わしい引き留めや上司にも一切会わずに退職が出来ることから非常に人気を集めていますが、それと同時に「入金したけど連絡がない」「こちらの話を聞いてもらえず一方的に退職手続きを進めた」等々の様々なトラブルや失敗も同時に目立つようになってきました。そこで退職代行ガイドのグッドリタイアでは、退職代行サービス利用時におけるよくある失敗やトラブル、そしてその回避方法に関して解説をしていきたいと思います。

退職代行業者間との失敗やトラブル

実際に退職代行サービスを利用した際に、退職業者との間で発生する可能性が高いよくあるトラブルの5つを紹介していきたいと思います。

1:入金をしても退職代行業者から連絡が来ない

退職代行サービスは一般的に全て事前入金でサービスを提供しています。基本的に入金をしてから、サービス業者から連絡が来て退職代行の流れを決めていくのですが、稀に入金をしても連絡が一切来ない失敗やトラブルに合うケースもあります。

また、最初はしっかり連絡が来ていたのに関わらず、その途中でぱったりと連絡が
付かなくなりその後は音沙汰がないというケースもあります。

2:退職代行の担当者が自分の話を聞かない

退職代行サービスの広告やホームページに「退職者に寄り添います」「親身に相談に乗ります」と書いてあっても、全く人の話を聞かずに退職の流れを決めてしまったり、退職理由も適当に会社に告げられるケースもあるようです。

退職代行には事前相談、そして申込後に退職代行業者の担当が付くケースがありますが、会社によっては単にマニュアル通りに退職代行を手続きを進めるだけで、こちらの希望や要望には一切取り合わないというケースがあり、結局辞められたけど会社と遺恨が残ったり、有給や退職金など全く希望通りに進まなかったという失敗やトラブルがあります。

3:退職が決まってその後放置される

退職代行サービスに依頼して、依頼主の代わりに上司や会社に「退職」の意向を伝えて「退職」が正式に決まった後に、放置されるという失敗やトラブルのケースがあります。

実は、退職で一番大変なのは退職が正式に決まった後の雇用関連の書面や保険の手続きです。一般的に退職代行サービスはその辺りもフルサポートしてくれますが、ケースによっては全くサポートが行われず、結局会社と直接連絡をせずに辞めたはずなのに、雇用関連の書面や保険の手続きで直接会社に連絡をせざるを得ないというケースがあります。

4:退職代行依頼したのに退職できない

退職100%とホームページに書いてあったのに「退職できない」という失敗やトラブルも少なからずあります。退職代行は退職の最後の手段のつもりで依頼をするケースも多く、仮に退職代行を使って、結局辞められないとなると死活問題です。

退職業者のホームページによく見ると「ほぼ」100%と書いてあったり、悪質な業者の場合には、退職に失敗した案件を依頼数にカウントせずに退職100%と宣伝をしているケースもあります。

5:弁護士でない業者が交渉を行う(非弁行為)で退職が無効

会社と有給消化や退職金、またはそれに伴う退職の条件で交渉が必要になった場合、交渉ごとは弁護士以外のものが行うと、弁護士法違反(非弁行為)になります。あくまでも退職代行サービスは「有給消化や退職金、またはそれに伴う退職の条件」に関して会社に希望を伝えるまでです。

最悪のケースとして退職代行業者が交渉を行う非弁行為を行って、退職をした場合には、法律違反で退職自体が無効となる失敗やトラブルのケースも考えられますし、強引業者が退職を進めた場合には会社から損害賠償を請求されるリスクが発生する恐れもあります。

何れにしても、現時点ではこのような事例はまだ報告はされていませんが、実績や経験、そして知識のない退職代行業者であれば、業務の線引きが曖昧になり、会社とのトラブルを引き起こす可能性が高まります。

退職代行業者間との失敗やトラブルの回避策

では、こういった退職代行業者間とのトラブルをしっかり回避する為に、事前にサービスを選ぶ段階でチェックをしておくべき5つのポイントを紹介していきます。

1:退職代行業者の会社情報をしっかり確認

退職代行をサービスを提供している会社情報をまずしっかり確認する必要があります。具体的には「住所」「電話番号」「代表者」「社歴」など、その会社が社会的に信頼に足るべき存在なのか、万が一何かトラブルがあった際にはしっかりと連絡が取れるのか、こういったポイントをしっかり確認しましょう。

2:実際の利用者のクチコミ情報の有無を確認

今や退職代行サービスをインターネットで探すと有象無象の業者が存在しています。全てしっかりしたサービスであれば問題ないのですが、実際にはその中には悪質な業者も一部混ざっています。特に悪質な物はコロコロと社名やサービス名を変えて詐欺まがいの行為を行っているケースもある為、実際にその退職代行サービスを利用した利用者の信頼できるクチコミがあるのか、またそのクチコミで悪評があるのかをしっかり確認して、その真偽を見極めましょう。

また、日本退職代行協会のHPでは苦情・相談件数が多い事業者を公開しています。
日本退職代行協会|協会認定の退職代行サービスで安心・安全に利用日本退職代行協会

3:入金前の事前相談で対応を確認

一般的に退職代行サービスは、申し込み(入金)前にLINEや電話などで相談をすることが可能です。そこで、「退職できないケースがあるか」「即時辞められるのか」「追加料金は取られるか」など、サービスの内容や料金体系など、仮にホームページに書いてあったとしても、そこに間違いが本当にないのか念押しで確認をしておくことが重要です。また、担当者がしっかり話や相談にのってくれるのか等も、そこで見極められます。

4:退職代行業者とのやり取りの記録を残しておく

退職代行サービスの利用を開始してからの、LINEの履歴、通話記録、メールのやり取りなど、出来る限り残しておきましょう。退職代行サービスに限りませんが、担当者が変わる場合に以前に言った、言わないの水掛け論でトラブルに発展するケースがありますが、こういった履歴をしっかり残しておくことで、自分の身をトラブルからしっかり守ることが出来ます。

5:弁護士事務所への依頼に切り替える

退職代行をしているのは、一般企業だけではありません。弁護士事務所でも請け負っているケースが増えてきています。弁護士事務所であれば、今までに紹介したようなトラブルが発生することは限りなく低いです。また退職に伴い仮に会社と訴訟に発展した場合には、そのまま弁護士を通じて裁判の手続きに入ることが出来ます。

しかしながら、弁護士事務所は退職代行サービスの様な2万~3万の価格帯で依頼することはまず難しいです。というのも、案件にもよりますが、弁護士は着手金で数万、その後は相談料として時間給(1~2万)で費用が追加するので、相談する時間や、依頼する業務が増えるほど、費用はどんどん膨れ上がります。

その為、退職代行に伴い、「会社と揉めることがほぼ確定している」または、多少お金が掛かっても「絶対に退職に失敗できない」この様な場合には、最初から弁護士に依頼するのも有効な手段の1つといえます。

もし退職代行業社とトラブルに巻き込まれた場合

もし退職代行サービスを申し込んだ後に、既にトラブルに巻き込まれてしまった場合には「退職代行業者への費用の振込履歴」「退職代行業者とのやり取りの履歴」を出来る限り集めて、以下に相談をしましょう。

■消費者ホットライン188番
消費者庁管轄の国民生活センターへ相談できます。悪質商法等による被害に遭った、トラブルで困っているなどの消費者の保護を目的とし、最寄りの消費生活センターや消費生活相談窓口につながり、専門の相談員が無料でトラブル解決を支援してくれます。詳細は以下の公式サイトからご確認ください。

どうしよう?困ったときは、消費者ホットライン188番にご相談を!

おすすめ退職代行サービス

退職代行ガーディアン

東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合「東京労働経済組合」による信頼性が非常に高い退職代行サービスです。退職に伴う手続きはもちろんの事、万が一、会社と退職を巡りトラブルが発生した際には、一般の退職代理サービスとは異なり、憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行することが出来る頼もしい退職代行サービスです。また、退職に伴う追加費用は一切なく、分かりやすい簡潔な料金プランも魅力。

男の退職代行

男性専門の労働組合が代行する退職成功率100%の退職代行サービス。アルバイトの場合は1回19,800円と業界でも屈指の安さ。労働組合憲法および労働組合法の保護を受け、依頼人の代理交渉も合法的に遂行するので、有給全消化&お給料満額支給サポートやトラブルを回避しての円満退社などをサポート。また、退職後の転職もそのまま提携会社からのフルサポートを受けられ、転職が決まるとお祝い金として最大5万円が支給されるのは「男の退職代行」の強み。

退職代行EXIT(イグジット)

累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施して、退職成功率も100%の業界最大手の退職代行サービス。メディア掲載実績も「NHK」「テレビ朝日」「TBS」「フジテレビ」「日経新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」と知名度も圧倒的No.1。まだまだ退職代行という未成熟で世間一般には疑心暗鬼が残る中、最も信頼が置ける退職代行サービスといっても過言ではないでしょう。

この記事を書いた人

このページの記事の著作者情報です。

Hana・Yamashita
Hana・Yamashita
ライター
この記事を執筆したYamashita Hanaです。1年前に実際に退職代行サービスを利用して都内のWEB会社を辞めた退職代行経験者です。その後は就職せずにフリーのライターとして活動中。実際に自分が退職代行を利用した経験を活かして退職代行ガイドのグッドリタイアで記事を執筆中です。退職代行を検討中の皆様の少しでもお役に立てる記事になるよう心を込めて執筆致します。